自動車タイヤホイール販売
関西(大阪・京都・奈良・和歌山・兵庫)

クルマ・トラック部品販売  フリーマーケット123 

【自動車の新品、中古、リビルトの部品販売 】 担当 鬼塚 080 5339 7100


  1. 販売中の部品等の商品一覧、クリックしてください。
    ★当社販売商品!トラック部品・自動車部品 ★


  2. 新品パーツ・リビルトパーツ・中古パーツ各種取扱しています。お電話にてお問い合わせください。

  3. FAX 072 820 7723、MAIL truck123f@yahoo.co.jp まで ご希望の部品をご記入の上、お送りください。

  4. 部品の取付、自動車の修理と車検をお受けします。お電話もしくは下記リンクより用紙を取出してご記入の上でFAX下さい。MAILも可能です。

  5. ★ 修理中の自動車の写真のご紹介です。ご参考にどうぞ!! ★

    キズへこみの修理からエンジン、ミッションの乗せ換え、窓ガラスの交換、ガラスコーティング、追突事故の修理など簡単な事から複雑なことまでお受けします。


  6. 当社は固定をできる限り削減し、広告媒体はインターネットのみのWEB専門店です。中間マージンをカットし高品質の商品を低価格にてご提供する事をお約束します。

  7. 自動車の販売と買取をしております。電話で簡単に買取査定できます。お電話ください。

  8. 商品は郵送(元払い、着払い)にてお客様までお届を致します。

    当社へお振込みの銀行口座

      三井住友銀行 門真支店(カドマ)
     普通 3541988  
     有限会社フリーマーケット123
     (ユウゲンガイシャフリマーケット123)

  9. 取扱部品は自動車の外装部品、バンパー、ドア、窓ガラスなどからエンジン、ミッション、ラジエータ、電装部品まで各種部品を取扱いしています。

  10. クルマ・トラックの部品検索 

     部品・室内パーツ
     部品・内装パーツ
     部品・外装パーツ
     部品・電装パーツ
     部品・エンジン
     部品・ミッション
     部品・タイヤ
     部品・ホイール
     部品・オイル・フィルター
     部品・バッテリー
     部品・セキュリティ、レーダー
     部品・アクセサリー
     部品・ETC
     部品・CD、MD、DVD
     部品・ナビ・TV
     部品・その他


    ▼小型 乗用車
     小型 ワゴン・1BOX
    ◆中型 乗用車
     中型 ワゴン・1BOX
    ●大型 乗用車
     大型 ワゴン・1BOX
    △外車【ベンツ・BMW等】
    ▲軽自動車・ワゴン
     軽トラック・バン
    ★部品取り 車両
    ☆1?2t未満トラック
     1?2t未満バン
     小型2t 平ボディ・ブロック

    ★中古トラック販売の(有)フリーマーケット123のHP★

    TRUCK123 中古トラック販売情報一覧 小型 中型 大型

    大阪なんでも商店街

クルマ・トラック部品販売  フリーマーケット123   E-mail: truck123f@yahoo.co.jp
★〒572-0866大阪府寝屋川市小路南町6-9★←クリックすると地図が表示
TEL: 072-820-7712  FAX: 072-820-7713    担当: 鬼塚 (080 5339 7100)

スタビライザー


スタビライザーは、船、飛行機、車、自転車などの乗り物に取り付けられ、操縦時の不規則なゆれや転倒、転覆を防ぐために取り付けられるもの。英語圏ではアンチスウェイバー(anti-sway-bar)とも呼ばれる。
車ではアンチロールバーとも言われ、車体のロールを防ぐため、サスペンションに追加される部品。構造は左右のサスペンションをトーションバーで連結し、左右のサスペンションの位置に差異が生じた時にだけ、バーに捻れが発生し、その復元力により車体の傾きを抑えるようになっている。左右両方のサスペンションが同方向にストロークする際には、ねじれが発生しない。単純にばねを堅くする方法に対して、ストロークを規制することなく車体のロールを抑えることができるため、乗り心地を悪化させることがない。

ハイブリットカー


 日本ではエンジンの回転力で発電機を回して電力源としつつ、運動エネルギーを二次電池に回生し補助動力とするものが主流である。
 インドやフランスではタタ・ワンキャットのような圧縮空気と内燃機関を併用する方式がある。
 フライホイールで運動エネルギーを回生するハイブリッドシステムも存在する。
 ブラジルで普及しているバイオエタノールとガソリンの両方が使えるエンジンを搭載したフレックス燃料車と呼ばれる車がある。このほかLPG自動車・CNG自動車・水素自動車の一部にも、燃料にLPG・CNG・水素とガソリンを切り替え可能なエンジンがある。これらは燃料のハイブリッド利用が可能な内燃機関自動車である。
 自動車が普及を始めた19世紀後半においては、赤旗法による英国の蒸気自動車の開発停滞にもかかわらずガソリン自動車の性能は蒸気自動車や電気自動車に劣っていた。特に、蒸気貯めに圧力を蓄えたり鉛蓄電池に電気を蓄えたりするため始動トルクが大きく、ニードル弁や抵抗器操作で無段階変速が可能な蒸気自動車や電気自動車に比べ、ノッキングなど低速性能が悪くアクセル・クラッチ・減速ギヤないしプーリー切替の同時操作を強いられるガソリン車の操作性は劣悪であり、複雑な精密機械であるトランスミッションの故障も多かったため敬遠された。
 ガソリンエンジン車の唯一の利点である航続距離の長さを生かす手法が、内燃機関→発電器→整流器→蓄電池→電動機の電気駆動方式だった。変速機の代わりに駆動力として蓄電池を使い動力を一方的に電気エネルギーに変換して消費するもので、回生ブレーキのないシリーズハイブリッド方式のハイブリッド電気自動車である。ガソリン原動機を電力源として使う電気駆動方式は「ガス・エレクトリック」と呼ばれる。
 20世紀初頭には車輪の回転駆動に電気を使ったものがあるが、サスペンションの動きに合わせた機械式駆動系が満足に作れなかったためとはいえ不完全ながらも自動車黎明期のハイブリッドカーである。電気による駆動系としてサスペンションの動きに追随し、車軸側と一体となったモーターで車輪を回転させた。エリーカなど現代の電気自動車で見られる車輪一体型モーターの初期の形態である。
 第1次世界大戦を経て等速ジョイントなど機械駆動用の要素技術の発明と工作機械による量産技術の確立により、機械駆動系の信頼性向上とコストダウンが進展し、フォード・モデルTの登場によるガソリン車の急激な普及により、電気自動車は廃れていった。
 20世紀後半の1980年代になると導電性プラスチックポリアセチレンの発見に端を発する高性能なリチウムイオン二次電池や、小型で強力なモーターを可能にするネオジム磁石が相次いで日本で開発され、電気自動車に必要な技術が急速に発展した。その結果、エネルギー回生を含む真のハイブリッドカーが登場し、あらかじめ充電しておくプラグインハイブリッドを経由して内燃機関自動車から電気自動車に向かう技術革新の流れが起きている。
 発電用動力にガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ガスタービンエンジンを使用するもの(主にシリーズハイブリッド)が実用化されている。
 燃料電池車は回生ブレーキによる電力回収部分も含め全て燃料電池単独で発電した電力をやりくりしているためエネルギー源が燃料電池のみでありハイブリッドカーではないが、燃料電池とハイブリッドシステムを組み合わせることで価格を抑えたハイブリッド燃料電池自動車が開発されている。 [1]。
 ハイブリッド車の併用動力として二次電池以外にキャパシタ(コンデンサ)や圧縮空気、フライホイールなどが試行されているが、エネルギー蓄積量、稼働時間、制御性、コストの面から、二次電池が多く用いられている。二次電池は長時間安定した出力を確保できるが、その分充放電の反応が遅いため、短時間の高出力が求められる重機用として大電流を流す事が可能なキャパシタも利用されている。
 自動車と鉄道の中間形態として架線式電気自動車(無軌条電車、トロリーバス)とハイブリッドバスの利点を合わせた架線式ハイブリッドトロリーバスなどがある。(詳細:トロリーバス参照)

エンジンの仕組み ディーゼルエンジン (diesel engine)


ディーゼルエンジン (diesel engine)は、ディーゼル機関(ディーゼルきかん)とも呼ばれ、ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルが発明した内燃機関である。1892年に発明され、1893年2月23日に特許を取得した。
ピストンによって空気を圧縮し、シリンダー内の高温空気に燃料を噴射することで自然着火させるしくみである。
実用的な内燃機関の中ではもっとも熱効率に優れる種類のエンジンであり、また軽油・重油などの一般的燃料の他にも、様々な種類の液体燃料が使用可能である[1]。汎用性が高く、小型高速機関から巨大な船舶用低速機関まで様々なバリエーションが存在する。
エンジン名称は発明者にちなむものであるが、日本語表記では一般に普及した「ディーゼル」のほか、かつては「ヂーゼル」「ジーゼル」とも表記された。日本の自動車整備士国家試験ではジーゼルエンジンと呼称している。

ブレーキフルード交換


現在の自動車・オートバイでは、ブレーキの機械構造として油圧を用いるのが主流であり、その油圧として用いられる油脂をブレーキフルードと呼ぶ。多くの場合植物性油脂で、国産車ではDOT3 DOT4 DOT5と呼ばれる規格の物が用いられる。 ここでは、定期交換時に行われる、いわゆる一般的な「継ぎ足し交換」について紹介するが、もちろん車種等で手順が異なる場合がある。
車体をリフト等で4輪とも完全に浮いた状態に保持し、全タイヤをホイールごと外す。
運転席から最も遠いブレーキ(国産車では左後ろ)のホイールシリンダーに付いているエア抜き用ドレンボルトにタンクの付いた透明なホース(エア抜き用専用工具である)を取り付け、ドレンボルトを緩める。
ブレーキフルードのリザーブタンクが概ね空になるまで、ブレーキペダル(以下ペダルと略す)をポンピングする。(この時、マスターシリンダーに空気が入らない程度までで止める。)
A) 新しいブレーキフルードを適時足す。
B) 抜けたブレーキフルードが新品の色になるまで、再びペダルをポンピングする。
C) ドレンボルトを仮締め、数回ペダルをポンピングした後、踏んだまま保持する。
D) ドレンボルトを緩め、流出してくるブレーキフルードに気泡が無いことを確認し、ドレンボルトを仮締める。
E) C?Dを数回繰り返し、ドレンボルトを確実に締める。
A?Eを、全てのブレーキで繰り返す。
エンジンを始動し、倍力装置が作動した状態で、ペダルの踏みしろ・感触を確認する。
タイヤを取り付け、低速走行でブレーキの利きを確認する。

ショックアブソーバー (Shock absorber)


ショックアブソーバー (Shock absorber) とは、位置の移動を抑制するための装置である。ばねによって振動、衝撃を緩衝するシステムにおいて、ばねの特性による揺り返し現象(周期振動)を緩和し収束するために使用される。主に自動車などサスペンションに採用されている。「ショック」、「ダンパー」、「ダンパ(JIS規格名称)」とも呼称する(鉄道での蛇行動抑止に使われるヨーダンパなど)。

激安トラック販売と買取のトラック123 和歌山県
関西で 10tトラック買取のTRUCK123
高所作業車買取のTRUCK123 松原市・藤井寺市
USED TRUCK SHOP  free-market123 TRUCK123  IN OSAKA-JAPAN: 兵庫県(姫路市・たつの市・相生市・赤穂市)
岐阜で クレーン買取のTRUCK123
京都で クレーン販売のTRUCK123
中古トラックweb専門店の買取と販売とトラック架装・整備、トラックを買取査定! ミキサー・パッカー・アームロール
中古トラック販売情報サイト TRUCK123 電話で簡単に無料買取査定1 福井県(高浜町・小浜市・若狭町・美浜町)
高所作業車買取と販売のトラック123 藤井寺市
中古トラック販売とトラック架装・整備の情報!健康第一!TRUCK123 アルミバン・ウイング・平ボデイ
トラック・中古車の買取と販売とトラック架装・整備 情報 大阪トラック買取直販センター 大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
トラック・中古車の買取と販売とトラック架装・整備 情報 大阪トラック買取直販センター 京丹後市・舞鶴市・福知山市・綾部市(京都府)
近畿 クレーン買取情報
門真 ラジコン付クレーン販売
ミャンマー写真 企業活動のご相談
トラック・中古車の買取と販売とトラック架装・整備 情報 大阪トラック買取直販センター 兵庫地域(神戸・宝塚・伊丹・姫路)
堺市と松原市で 中古重機買取のTRUCK123
トラック名義変更の必要書類の記入例
ヤンゴンのシュエダゴンパゴダを歩こう!
枚方 中古トラック販売情報!トラック買取中!
大阪 高価買取!激安販売!電話で簡単に無料買取査定
オフィス文房具通販 関西・近畿
web専門 中古トラック激安販売とトラック架装・整備のトラック123 大阪市(天王寺区・平野区・大正区・港区)
堺市と松原市で クレーン買取のTRUCK123
中古トラック激安販売とトラック架装・整備・車検(web専門店) 大阪地域
交通情報(道路・高速)紹介 関西
中古トラック販売とトラック架装・整備情報とトラック各種を高価買取!TRUCK123 八尾市・柏原市(大阪府)
冷凍車買取と販売のトラック123 奈良県
トラック買取直販センターのトラック123 堺市
トラック・中古車の買取と販売とトラック架装・整備 情報 大阪トラック買取直販センター 大阪市(東淀川区・鶴見区・都島区・東成区)