自動車ドア販売
奈良地域(奈良・天理・生駒・香芝・五條)

j自動車部品販売   (有)フリーマーケット123

【 新品・リビルト・中古部品販売 】 担当 鬼塚 080 5339 7100


  1. 販売中の部品等の商品一覧、クリックしてください。
    ★当社販売商品!トラック部品 ・ 自動車部品 ★


  2. 取扱部品は自動車の外装部品、バンパー、ドア、窓ガラスなどからエンジン、ミッション、ラジエータ、電装部品まで各種部品を取扱いしています。

  3. 新品パーツ・リビルトパーツ・中古パーツ各種取扱しています。お電話にてお問い合わせください。

  4. FAX 072 820 7723、MAIL truck123f@yahoo.co.jp まで ご希望の部品をご記入の上、お送りください。

  5. 部品の取付、自動車の修理と車検をお受けします。お電話もしくは下記リンクより用紙を取出してご記入の上でFAX下さい。MAILも可能です。

  6. 商品は郵送(元払い、着払い)にてお客様までお届を致します。

    当社へお振込みの銀行口座

      三井住友銀行 門真支店(カドマ)
     普通 3541988  
     有限会社フリーマーケット123
     (ユウゲンガイシャフリマーケット123)

  7. ★ 修理中の自動車の写真のご紹介です。ご参考にどうぞ!! ★

    キズへこみの修理からエンジン、ミッションの乗せ換え、窓ガラスの交換、ガラスコーティング、追突事故の修理など簡単な事から複雑なことまでお受けします。


  8. 当社は固定をできる限り削減し、広告媒体はWEBのみのWEB専門店です。中間マージンをカットし高品質を低価格にてご提供する事をお約束します。

  9. 自動車の販売と買取をしております。電話で簡単に買取査定できます。お電話ください。

  10. クルマ・トラックの部品検索 

     部品・室内パーツ
     部品・内装パーツ
     部品・外装パーツ
     部品・電装パーツ
     部品・エンジン
     部品・ミッション
     部品・タイヤ
     部品・ホイール
     部品・オイル・フィルター
     部品・バッテリー
     部品・セキュリティ、レーダー
     部品・アクセサリー
     部品・ETC
     部品・CD、MD、DVD
     部品・ナビ・TV
     部品・その他


    ▼小型 乗用車
     小型 ワゴン・1BOX
    ◆中型 乗用車
     中型 ワゴン・1BOX
    ●大型 乗用車
     大型 ワゴン・1BOX
    △外車【ベンツ・BMW等】
    ▲軽自動車・ワゴン
     軽トラック・バン
    ★部品取り 車両
    ☆1?2t未満トラック
     1?2t未満バン
     小型2t 平ボディ・ブロック

    ★中古トラック販売の(有)フリーマーケット123のHP★

    TRUCK123 中古トラック販売情報一覧 小型 中型 大型

    大阪なんでも商店街

j自動車部品販売   (有)フリーマーケット123  E-mail: truck123f@yahoo.co.jp
★〒572-0866大阪府寝屋川市小路南町6-9★←クリックすると地図が表示
TEL: 072-820-7712  FAX: 072-820-7713    担当: 鬼塚 (080 5339 7100)

ショックアブソーバー (Shock absorber)


ショックアブソーバー (Shock absorber) とは、位置の移動を抑制するための装置である。ばねによって振動、衝撃を緩衝するシステムにおいて、ばねの特性による揺り返し現象(周期振動)を緩和し収束するために使用される。主に自動車などサスペンションに採用されている。「ショック」、「ダンパー」、「ダンパ(JIS規格名称)」とも呼称する(鉄道での蛇行動抑止に使われるヨーダンパなど)。

ボディー


ボディーは、剛性のある丈夫な素材で構成されており、強度を保ちながら操縦性や燃費の点でなるべく軽く作ることが理想的である。ボディーは一般に塗装とコーティングだけで済まされる。[要出典]
素材
骨格部分には、鉄、アルミニウム合金などの金属、あるいはカーボンコンポジットなどの複合材料が用いられる。主要骨格以外のパネル部分などには、合成樹脂が用いられることもある。
構造
現在のところ、エンジンと足回りをしっかり支える台車構造の上にボディーを構成したものと、ボディー全体で構造強度を持たせるモノコック構造とに大別される。台車構造を持つ例としてはトラック、バスなどが挙げられ、一般の乗用車はモノコック構造を持っている。一般の乗用車も第二次大戦前までは台車構造だったが戦後は小型車を中心にモノコック構造へと移行した。しかしアメリカ車など一部の大型車は戦後も長らく台車構造を採用していたが、現在ではリンカーンタウンカーが唯一の台車構造を持つ大型乗用車[2]である。国産車でもトヨタクラウンが9代目のS140型(1991年-1995年)のロイヤルサルーンと1999年の11代目のS170型のトヨタ・クラウンエステートの登場まで8代目130型のままマイナーチェンジしながら併売されていたワゴンモデルまで台車構造を採用していた。

ガレージアップの指針

ガレージアップは地域に根差し、高品質のサービスを低価格でご提供する事をお約束します。

冷却水交換


現在の多くの市販車では、通常LLCと呼ばれる防錆剤を含む不凍液を注入されているため、交換頻度は低い。ただし、それは定期的交換を否定するものではなく、むしろ防錆剤の効果が切れる頃(3年とも5年とも言われていて、メーカーによって様々であるが)の定期的な交換を必要とするものである。尚、LLCには大別して「赤」と「緑」があり、トヨタでは赤、日産では緑が新車時に注入されている。また外車では「青」もある(補充時には、同色系を補充するとされている)。当然、車種によって構造等の違いから手順は様々であるが、概ね次の通りである。
ラジエターキャップと下部のドレンプラグを外し、中に入っている冷却水を抜く。(温暖時は、冷却水が噴き出すため、ラジエーターキャップの取り外し時に布をかぶせるなどの注意が必要。)
(指定されている車種では)ラジエターホース、ヒーターホース等を外し、溜まっている冷却水を抜く。
清涼な水でラジエター内、シリンダーブロック等を洗浄する。
ホース、ドレンプラグを元に戻し、適正な濃度に調整された不凍液を規定まで入れる。(日本国内の寒冷地仕様では濃度約50%・凍結温度-35℃くらいに調整する。 関東以南では、適切な量水を足し薄めて良い)
エンジンを始動し、ヒーターの調整レバーを最高温度にして、サーモスタットが開いて冷却水が完全に循環するまで、適時冷却水の量を確認しながら暖気する。場合によっては、ラジエター等に風が当たらないように適切な処置をする。
完全に循環し、中の空気が逃げたのを確認してから、冷却水を更にラジエターいっぱいまで足し、ラジエターキャップを閉める。
リザーブタンクの規定量まで冷却水を足す。

エンジンにおけるシリンダー


初期のエンジンにおけるシリンダーはエンジンにおいて最大の部品だった。ピストンがもたらす摩擦を如何に軽減するかについて様々な実験が行われた。蒸気エンジンでは発生する水分が減摩材として作用する為、潤滑機構は無いか、あっても簡単なものであった。
外燃機関のシリンダーは、燃焼室が無い為対称的な構造をもつ。作動流体の熱エネルギーを膨張によって運動エネルギーに変換しピストンに伝達する。シリンダー内側は滑らかな場合が多く、ピストンにはガスケットが取り付けられ二つの部屋を分離密閉している。ピストンの運動は直線の往復運動の形で取り出され、外部のクランクによって回転エネルギーに変換している。シリンダーは付属するスライドバルブによって吸気排気が切り替えられ、一往復で2回運動エネルギーを取り出すことができる。主に蒸気機関に用いられた。スターリングエンジンのようにシリンダーが熱交換器として作用するものもある
内燃機関のシリンダーは外燃機関の機能を踏襲しており、基本的な構造や役目は外燃機関と似ているが、複雑になった。 一端はピストン・シリンダーヘッドと共に燃焼室を形成し、その密閉された容積により燃料と空気(混合気)を圧縮する。 圧縮された混合気は点火され、爆発燃焼する。燃焼して生じた燃焼ガスが持つ熱エネルギーによる膨張をピストンで受け運動エネルギーに変換する。 燃焼室の反対側ではピストンの運動をコネクティングロッド(コンロッド)・クランクシャフトにより回転エネルギーとして取り出す為の開口部となる。 水冷エンジンにおいては外壁または二重構造による中空部でウオータージャケットを形成して冷却を行う。 2ストローク機関ではシリンダーに開けられた穴・インテークポートとエキゾーストポートにより掃気が行われる。 シリンダー内側はホーニング加工されており、クランク側から供給される潤滑油を保持しピストンが滑らかに動くよう潤滑する。ピストンには複数のピストンリングが取り付けられ気密を保ち、シリンダー壁面の油膜を最適に保つ。
ピストンと共にエンジンの中枢部を構成する。
ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンのシリンダーはかつては単体の部品で、鋳鉄製の筒が一般的であった。現在の主力は摺動部の耐磨耗性の観点からシリンダーライナーを導入しシリンダーブロック(シリンダージャケット)に圧入もしくは鋳造時に鋳込んで用いるもの。シリンダーをシリンダーブロックと共に一体鋳造とした方式が普及しつつある。これに対してライナーを導入しない方式はライナーレスエンジンと呼ばれるが、シリンダー内壁にニッケルシリコン合金(Nikasil:ニカシルorニカジル(商標))に代表される金属酸化物添加合金をめっき(溶射)するもので、1967年NSU・Ro80に使用され、ポルシェが1970年にレースカー(ポルシェ・917)に採用したのをはじめ、主にハイエンド仕様やレース仕様の車や小型車、バイクを中心に普及した。ライナーレス仕様は軽量で放熱性に優れ、ピストンリングと親和性が高いのが特徴。またピストンもシリンダーも同じアルミニウム合金で作る事ができるため、熱膨張してもクリアランスが保たれエンジン出力の向上に寄与する。溶射部分の耐久性は鋳鉄と同等以上であり、表面にほどこされたホーニング加工をエンジン寿命の終期まで保ち続ける。一方量産性と溶射加工時のスループットが長いことから加工コストが高くなる。
部品点数の削減と剛性の向上を図るため、クランクアッパーケースとシリンダーブロックを一体鋳造したエンジンもあり、3ピースエンジン等と呼ばれる。
ヤマハ発動機はライナーレス方式を発展させ、シリンダーブロック全体をアルミニウム・シリコン合金でつくり、メッキさえも不要としたDiASil(ダイアジル)シリンダーを開発した[1]。この方式によればメッキ方式に見られるスループットの問題は改善されるが、硬度が高く鋳造後の加工が困難となるのが欠点である。
船舶用エンジンはシリンダー・ピストンが巨大であり、大量の空気を充填し、きわめて長くて太いシリンダーで効率的に大きな出力を獲得できるよう工夫してある。

コストを削減したWEB専門の激安トラック販売とトラック架装・整備の大阪トラック買取直販センター 兵庫地域(神戸・宝塚・伊丹・姫路)
ダブルキャブ買取と販売のトラック123 松原市
中古トラックweb専門店の買取と販売とトラック架装・整備、トラックを買取査定! 大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
奈良で 激安トラック販売と買取
中古トラック激安販売とトラック架装・整備・車検(web専門店) 大阪地域
コストを削減したWEB専門の激安トラック販売とトラック架装・整備の大阪トラック買取直販センター 枚方市・交野市(大阪府)
WEB専門のトラック123 激安中古トラック販売とトラック架装・整備!無料買取査定! 新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県
ダンプ買取のTRUCK123 奈良地域(奈良・天理・生駒・香芝・五條)
関西で 中古クレーン販売のTRUCK123
トラック買取直販情報!高価買取と中古トラック販売情報とトラック架装・整備 兵庫県(姫路市・たつの市・相生市・赤穂市)
トラック買取と販売のトラック123 京都府
兵庫 USED TRUCK SHOP  free-market123
ダンプ・アームロール・クレーン・トラック各種の買取販売とトラック架装・整備!無料買取査定! 4tトラック(フォワード・ファイター・レンジャー)
中古トラック販売とトラック架装・整備のフリーマーケット123 高価買取! 岐阜県(大垣市・海津市・羽島市・瑞穂市)
中古トラック販売情報サイト TRUCK123 電話で簡単に無料買取査定1 三菱ふそう(キャンター・ファイター・グレート)
東大阪 ウイング買取情報
メルセデスベンツE320ワゴン W210の写真紹介
ダンプ・アームロール・クレーン・トラック各種の買取販売とトラック架装・整備!無料買取査定! 岐阜市・各務原市・関市・美濃市・多治見市
高槻 高価買取情報!中古トラック買取査定が無料!
スポーツ・芸能情報情報紹介
神戸 ダンプ買取情報
トラックの買取・販売とトラック架装・整備・車検情報!簡単に買取査定中! 福井県(敦賀市・福井市・越前市・鯖江市)
USED TRUCK SHOP  free-market123 TRUCK123  IN OSAKA-JAPAN: 枚方市・交野市(大阪府)
中古トラック販売とトラック架装・整備情報とトラック各種を高価買取!TRUCK123 トラック架装・修理(ダンプ・平・ウイング)
岐阜で クレーン買取のTRUCK123
トラック・重機の買取販売地域のご紹介
兵庫 商用車買取情報
関西 コボレーン架装
ダンプ買取と販売のトラック123 東大阪市
トラックの特殊車両制作と架装 大阪市(天王寺区・平野区・大正区・港区)